繊維メーカーの事務職の募集は、派遣や短期での募集が多い

繊維メーカーの数自体が減少傾向であることも手伝って、繊維メーカーの事務職の求人は豊富であるとは言えません。しかし事務職は繊維メーカーの中では求人が出やすい職種であり、特に商社機能を持った繊維メーカーは募集が多くなっています。

雇用形態は正社員から派遣社員まで様々ですが、派遣や短期での募集が主立っています。派遣社員の場合、地域により差はありますが、時給は1400〜1700円程度が平均です。

営業サポート職は、求人も出やすくメーカーらしい仕事ができる

繊維メーカーの事務職の仕事内容は、生産や貿易管理などの営業サポート職と、秘書などのアシスタント職の2つに分けることができます。このうち営業サポート職はメーカーに特有の職種の1つで、顧客からの発注を受けたり、運送会社に出荷や入庫の指示を出したりする仕事です。顧客やモノづくりに直接的に関わることができるので、メーカーらしい充実感のある職種と言えます。

アシスタント職は、部長や部門長のスケジュール調整や会議の日程調整などを行います。中にはデータの集計など技術的なサポートをする仕事もあり、理系人材も活躍しています。

繊維メーカーの事務職は女性も活躍中

繊維メーカーは女性の活躍が目立つ業種の1つです。繊維業界では古くから多くの女性が職人として紡績や機織りを行ってきた歴史もあり、結婚や出産後も長く勤務する女性が多いのが特徴です。機械化が進んだ現在は職人として働く女性は減っていますが、営業サポートなどの事務職では8割以上が女性という企業も珍しくありません。

有利なスキルは、外国語と貿易の知識

繊維メーカーの事務職では、外国語と貿易に関する知識を持っていると有利に転職活動を行うことができます。特に営業サポート職では受発注を海外と行うことも日常的であり、英語はもちろん中国語でのビジネスメールができると強いアピールポイントになります。さらに海外とのやりとりでは関税や為替など複雑な知識が求められるため、前職で貿易の実務経験があれば積極的にアピールするのがおすすめです。

[リンク]化学メーカーの求人情報

Copyright (C) 2007-2017 看護師のいいところ. All Rights Reserved.