薬剤師を目指すこと

薬剤師を目指すには、そもそも薬学部に入学し、卒業を経て薬剤師国家試験に合格することは、当然必要となります。 又、その教育機関には、薬学専門の薬科大学、もしくは、総合大学の薬学部でも可能ですが、薬剤師の国家試験を受けるための受験資格を得るためには、『6年制の薬学部』を卒業する事が前提ですから、薬剤師としての資格試験を受けるための資格を得るためには、どうしても6年制の薬学部を卒業しなければいけません。

まず、ここまでが、薬剤師資格を得るための受験資格を得る方法となりますが、では、国立、私立と大学がある中で、薬剤師としての目標がある場合は、いずれに進学する事が就職率につながるか?といえば、就職率に関しては、私立大学が統計的に見ても、高いと言えますし、薬剤師試験の合格率に関しても、実は私立の方が、合格率も高いと言われております。

ただし、この『合格率』に関しては、色々と裏事情もありますので、一概にどちらが合格できるか?という部分は、当人の頑張り次第、努力次第という方がよいでしょう。

しかし、就職における内容を見る限りは、私立の大学卒業生の場合は、病院や製薬会社、薬局等が殆ど占めており、国立は、医薬品に関する研究等、基礎研究に進まれるケースが非常に多い傾向となります。 この違いは、国立、私立における大学の薬学内容の違いがありますが、主に国立の場合は、研究に対して力を注いでいる傾向にあるため、結果、国立大学の就職は、基礎研究の方面に行かれるからが多いという事が考えられます。

そもそも薬学部では、どのような事を学ぶか?といえば、薬学部へ入学4年間は、化学から生物、薬剤学等、様々な薬学を学ぶ事となります。 4年間に覚える、学ぶ薬学は、非常に大量であるという事から、薬学部へ進まれる場合は、遊ぶ暇もないでしょうし、バイト等をする暇もないと言えるほど、あらゆる薬学教育を学んでいきます。

ちなみのその内容は、生物、化学、物理、薬剤学、病理学、免疫学、微生物学、生化学等、まだまだ沢山あります。 この4年間の過密スケジュールを終えると、今度は共用試験と呼ぶ知識の評価&実際に薬剤師として仕事ができるのか?という能力を評価するための実習試験が待ち受ける事となり、それに合格し、6カ月間の病院及び薬局実習を経験する事となります。

病院での実習は、チーム医療に貢献するという事を学ぶため、この実習が設けられています。 このように、薬剤師を目指す事には、非常に大変な道のりが待ち受けている事が言えますが、その分、薬剤師は、幅広い活躍の期待できる素晴らしい職業、資格と言えるものなのです。こういった話はマイナビ薬剤師なんかでも結構教えてもらえますよね。ご参考に。

Copyright (C) 2007-2017 看護師のいいところ. All Rights Reserved.